現在、地球温暖化問題が深刻化しつつあり、
温暖化ガスを最も多く排出する石炭の利用削減が強く求められています。

その一方で、世界には電気が日常的に供給されていない人々が
現在でもたくさん暮らしており、彼らに安価な電力を安定的に届けるためには、
当面石炭火力の電気に頼らざるを得ないというのも事実です。

そこで私ども郵船出光グリーンソリューションズ株式会社は、
日本の先進石炭テクノロジーを用い、国内はもとより、
海外での二酸化炭素の排出削減・エネルギーの効率化など様々な取り組みを通じて、
世界の持続可能な成長と社会課題の解決に取り組んでまいります。

ニュースリリース

事業内容

ボイラ燃焼制御システム
ULTY-V plus

ULTY-V plusは、発電所や工場で使用されている石炭ボイラの最適な運転を実現するため、AI(人工知能)を活用し、一連の動作を「自己計測」、「自己分析」、「自己判断」の完全自己完結型で行い、既設ボイラ制御システムへ追加設置することにより燃料使用量を0.5 ~ 1.5%削減する制御システムです。本システムではオプション機能として、石炭の①効率・経済性プログラム②銘柄別の効率・経済性評価も用意しております。
さらに、IoT 技術を活用してULTY-V plusに蓄積された運転データを解析しプラント運転と燃料管理の「見える化」等に取り組んでまいります。

特長

微粉炭ボイラから流動層ボイラまで、幅広い適用性。
プラント本体の改造は不要で、既設DCSに簡単に接続可能。
プラント制御性の安定化に大きく寄付し、ボイラ効率の向上とCO2排出削減に貢献。

導入効果

ULTY-V plusからの補正信号により最適な燃料流量が供給され、ボイラは安定燃焼サイクルを維持
安定燃焼サイクルを長時間維持することで、圧力の変動から発生する燃料過投入を防止し、使用燃料流量を削減

安定した運転の実現&エネルギー損失の低減

主蒸気圧力制御性の向上

燃料流量制御性の向上

石炭使用量の削減

CO2排出量の削減

蒸気温度の安定

排ガス温度の低下

灰中未然分の低下

国内・海外導入実績100基以上!

制御コンサルティング

ボイラマスタや空熱比制御、操作端が手動運転の場合には、ULTY-V plus導入前に必要な各種制御系の改善に関する計算及び回路構成の提案も実施しております。

新技術開発

ULTY-V plusで得たノウハウを生かし、お客様ニーズの実現化を目的とした設計開発と新規特許取得も行っております。

お問い合わせ
「ULTY-V plus」PDFダウンロード